閉じる

閉じる

J'aDoRe JUN ONLINE(ジャドール ジュン オンライン)

JUN ONLINE J'aDoRe Magazine

ファッションやカルチャー、ライフスタイルの全方向にアンテナを張る、高感度なジェネレーションに向けたウェブマガジンです。

「FASHION」と「LIFESTYLE」に分かれたトピックスで、自分らしく、上質な毎日を送るヒントを日々アップデートします。

ALLすべて

最新のウェブマガジン情報をお届けします。

FASHIONファッション

旬なテーマを切り口に上質なカジュアルスタイルを提案します。

LIFESTYLEライフスタイル

インテリア、フード、ミュージックなど幅広いトピックスをお届けします。

BRAND NEWSブランドニュース

最新のブランド情報をお届けします。

  • 注目のキーワード:

『シャトージュン』の日本ワインで、夏を味わう

夏こそワインの季節。人気の銘柄『甲州』と戸外へ。

日本固有種のぶどうで作られている、『シャトージュン』の人気銘柄『甲州』。数々の受賞歴のある人気のワインで、JAL国際線エグゼクティブクラスの機内用ワインとしてセレクトされていたほどの実力派です。家でじっくりと味わうのもいいものですが、アウトドアで気軽に楽しむのもおすすめ。ワイングラスの老舗ブランド『RIEDEL』とのコラボグラスと、気持ちの良い戸外へ!

『シャトージュン』の日本ワインで、夏を味わう

『甲州』を楽しむマリアージュ。意外にも和が合う!

今回は、『甲州』に使われるぶどうを栽培している、山梨県甲州市の契約農家さんの畑でピクニック。お弁当は、『甲州』の味わいをより引き出してくれる地元の食材を、ということで、地元・甲州市の『SUNKING Cafe』さんがお弁当とのマリアージュを提案してくれました。日本ワインは、洋食はもちろんですが、意外にも和食のお弁当にもぴったり。食材の香りや味わいを邪魔せずに引き立ててくれます。

『シャトージュン』の日本ワインで、夏を味わう

アウトドアで飲むのなら、こんな食材のお弁当とも。

地わらびと甲州ワインビーフ(ぶどうの搾りかすを食べさせて肥育している銘柄牛)のしぐれ煮や、魚の甲州みそ漬け、鳥もも肉とゆで卵の黒酢煮、甲州ぶどうの新芽の天ぷら、ふきの炊き込みごはん、こごみなど…。地元の食材を使った、素朴でありながら本当に美味しいお料理の数々。少ししっかりめの味付けや、ほろ苦い風味・酸味をうまく利用した味わいが、『甲州』にぴったりマッチ。

『シャトージュン』の日本ワインで、夏を味わう

『シャトージュン』は、自社のワイナリーで手作り。

1979年、ぶどうの名産地である山梨県甲州市勝沼町に、『シャトージュン』はオープンしました。この歴史あるワイナリーでは、ぶどうの栽培と収穫、醸造やラベル貼りまでを、手作業で丁寧に行っています。味だけではなくその姿勢も評価され、日本のワイナリーの姿勢そのものを格付けする『日本ワイナリーアワード2018』でも三ツ星をいただきました。

『シャトージュン』の日本ワインで、夏を味わう

美しいステンレスタンクが並ぶ、醸造の現場。

普段なかなか足を踏み入れることのできない醸造所の内部を公開。収穫したぶどうから圧搾した果汁を発酵させたのち、じっくりと熟成させるためのタンクがずらり。大規模工場とは違って、出荷できる量が限られているからこそ、丁寧に作られた本物が味わえます。
(通常は非公開です。見学などの機会はお問い合わせください)。

『シャトージュン』の日本ワインで、夏を味わう

ワイン用のぶどうは、自社か契約農家で丁寧に栽培。

自社農場と契約農場で栽培されたぶどうのみで作られる『甲州』。今回取材させていただいた地元甲州市のぶどう栽培家さんも、栽培に関してさまざまな研究を重ね、愛情を持ってぶどうに接している契約農家の一人。地元の栽培家さんとの絆を深め、その土地に根付いた味わいをじっくりと醸し出すのが『シャトージュン』の流儀です。

『シャトージュン』の日本ワインで、夏を味わう

多くの人に支えられた日本ワインならではの味わい。

生産者の顔が見えるワインは、日本のぶどうを使って日本で醸される”日本ワイン”ならではのもの。小規模ワイナリーだからこそ実現する贅沢さでもあります。『シャトージュン』事業部長の道間、醸造責任者の仁林、スペシャルアドバイザーでソムリエの西浦も、地元の生産者の方々と共に、この土地ならではの味わいを造り出しています。「日本ワインの入門にもぴったりの『シャトージュン』。夏のアウトドアでも気軽に楽しんでみてください」(西浦)。

『シャトージュン』の日本ワインで、夏を味わう

夏のギフトにもぴったり。希少なワインを気軽に。

ワイナリーやぶどうの生産者から慈しまれ、育まれた『シャトージュン』のワイン。『甲州』のほか、今年の5月にリリースされたばかりの新しい銘柄、『ソーヴィニヨン・ブラン2017』にも、早くも注目が集まっています。生産背景を見ると、その味わいもひとしお。 大切な人への夏のギフトにも、ちょっとした集まりにも。日本ワインを、もっと身近な存在として楽しんでみませんか?

『シャトージュン』の日本ワインで、夏を味わう
夏におすすめの新作ワインをリリース!『ソーヴィニヨン・ブラン2017』

甲州市勝沼町産のぶどうを100%使用。グレープフルーツ、青草、和梨を思わせる特徴的な香りを持ち、味わいは辛口ながら、やわらかな酸味でシンプル。素材を生かす日本食にも寄り添えるワインです。記念すべき初リリースの銘柄は、パーティーでの話題性も抜群。

URL : https://www.jadore-jun.jp/products/detail.php?product_code=EID1804

『シャトージュン』の日本ワインで、夏を味わう
日本ワイナリーアワード2018で、『シャトージュン』が三ツ星を獲得。

国産ブドウを使った”日本ワイン”を造る事業者を、専門家が格付けする『日本ワイナリアワード2018』。国内初のこの企画で、『シャトージュン』のワイナリーが三ツ星を受賞しました。

URL : https://www.japan-winery-award.jp/

TEXT&DIRECTION:WORDS

全てのライフスタイル記事はこちら